にかほ市サッカー協会【旧ブログ】

2008年2月~2009年12月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
サポーター01

ホーム戦とアウェー戦をほぼ交互に、毎週のように戦うJFL。選手は、連戦の疲労が蓄積するなかで、懸命のプレーをみせてくれますが、チームが苦しいときこそ、サポーターの声援が選手を後押しします。
◆まずは手拍子から始めよう!
 客席では、サポーターの輪も徐々に広がってきているようですが、まだまだ、スタンドが一体となっての応援、とまではいかないようです。秋田の観客はおとなしい、応援慣れしていない、そんな評判も耳にします。まずは、太鼓のリズムに合わせて、手拍子すること、メガホンを打ち鳴らすことから始めてみましょう。


◆思い切って声を出してみよう!
 サポーターの応援歌や、掛け声のパターンが、少しずつでも分かってきたなら、思い切っていっしょに声に出してみましょう。


◆選手を励まそう!
 仁賀保運動公園の特徴は、選手がプレーするピッチとスタンドが、とても近いということです。スタンドからの声援は、直(じか)に選手たちに届きます。お気に入りの選手に、重点的に声援を送るもよし、試合中、疲れがみえ始めた選手、弱気なプレーがみられる選手がいたら、名前を呼んで叱咤激励すれば、間違いなく選手の発奮材料となるはずです。もちろん、フェアプレーや素晴らしいプレーに対しては、敵味方関係なく、大きな拍手と声援を送りたいものです。


◆スタンドを青く染めよう!
 声を出すのは、ちょっと恥ずかしいという方は、服装やグッズを使って、応援の意思を表現するというのも、一つの方法かと思います。入場ゲート隣の、オフィシャルグッズ・ショップでは、レプリカ・ユニフォームやTシャツ、タオルマフラー、フラッグ、メガホンなどが販売されていますので、気に入ったものがあったら、ぜひ活用してみましょう。
 また、必ずしもそうしたオフィシャルグッズでなくても、手持ちの青色の洋服、青色の帽子、青色のタオルなど、どこかに青色を身に付けてみるのも、良いアイディアかと思います。スタンドをTDKブルーに染め上げることができたら、選手にはこれ以上ない後押しとなりますし、観戦の楽しみも倍増するはずです。


◆仲間を誘ってスタジアムへ!
 そんな感じで、スタンド観戦が楽しくなってきたならば、次回のホームゲームでは、知り合いを誘って仲間を増やしましょう。
2008.02.02 21:14 | JFL観戦ガイド |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。