にかほ市サッカー協会【旧ブログ】

2008年2月~2009年12月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
八橋球技場
 前節、それまで首位を走る好調・ファジアーノ岡山に逆転勝ちし、待望の今季初勝利を挙げたTDK。今週末のホームゲームは、初めて秋田市での開催となります。上昇機運高まるTDKに力強い声援をいただき、そして一人でも多くの方々にJFLの醍醐味を味わっていただきたく、秋田市や近郊にお住まいの方々を始め、多数のみなさんのご来場をお願いします。
 今回は、初の秋田市開催を前に、その見どころなどをいくつかご紹介します。

(▲写真は昨年の天皇杯県予選決勝での八橋球技場の様子)

ワンコインで楽しめるサッカー
 JFLの試合はすべて有料ですが、TDKのホームゲームの入場料(当日券)は、大人500円、小中高生200円と、JFLが定める最下限の料金設定となっています。ワンコインで、全国レベルのプレーや試合の雰囲気が楽しめますので、お金をかけずに充実した休日を過ごしたい方にも絶対お奨めです。

臨場感抜群の八橋球技場
 会場となる八橋球技場は、昨年、TDKが天皇杯県予選決勝や秋田わか杉国体を戦ったスタジアムですが、仁賀保グリーンフィールドと同様、専用球技場ですので、スタンドとピッチが近いのが特徴です。観る者にとっては臨場感が抜群ですし、観客とチームの一体感は、プレーする選手たちをきっと強力に後押しすることでしょう。

絶対に負けられない戦い
 優勝争いとともにし烈なのが残留争い。最終成績で17位、18位のチームは、それぞれ所在地の地域リーグに自動降格し、16位のチームは全国地域リーグ決勝大会3位チームとの入れ替え戦に臨むこととなります(JFLからJリーグに昇格するチームがある場合は、この限りではありません)。
 待望の初勝利を挙げ上昇ムードのTDKですが、今季の通算成績は1勝7敗3引き分け、勝ち点6で18チーム中17位と、依然として自動降格圏に甘んじています。今回の対戦相手は、残留争いのライバル、ここまで勝ち点3で18位のアルテ高崎です。今季未勝利の高崎ですが、ほとんどの試合が接戦であり、数字以上に地力を持っているチームのようです。
 まだシーズンの3分の1を消化しようという段階ではありますが、いろいろな意味で「絶対に負けれらない戦い」と言えるでしょう。

地元出身選手の活躍に期待
 初の八橋開催ということで、特に秋田市出身選手の活躍が大いに期待されます。
 ケガ人続出のチームを献身的なプレーで支えるMF成田卓也選手(秋田商)は、昨年、八橋球技場で行なわれた秋田わか杉国体1回戦で、歓喜の勝ち越しゴールを決めており、今回も主役級の奮闘を期待。今季、スーパーサブ的に起用されている若手MF佐藤和旗選手(秋田商)は、持ち前のテクニックと独特のリズムで、試合の流れを引き寄せる存在。そして、ケガから復帰後ここ2試合で3得点、特に前節の首位・岡山戦で貴重な2ゴールを挙げたFW富樫豪選手(秋田商)は、一瞬のスピードで相手を置き去りにするプレーが戻っており、今回相手マークも厳しくなることが予想されますが、ダイナミックな動きでチームを鼓舞し、再び試合を決めるゴールを期待しましょう。

パワーアップするサポーター
 仁賀保開催のホームゲームでは、裏方スタッフに徹している地域のサッカー愛好者が、今回はサポーターに専念し、チームを強力に後押しします。仁賀保開催時と違い、サポーターはゴール裏かバックスタンドに陣取ることになりますので、メインスタンドの一般の観衆のみなさんにもチャント(応援歌)やコールがよく聞こえることでしょう。
 また、前回のホームゲームからは選手入場時に、スタンドに巨大ユニフォームも登場しておりますので、ぜひご注目ください。
2008.05.16 08:42 | TDK SC関連情報 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。