にかほ市サッカー協会【旧ブログ】

2008年2月~2009年12月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
 JFL後期第10節、TDKSCは9月26日、沖縄市陸上競技場でFC琉球と対戦しました。
 この試合、TDKはJ2・栃木SCから期限付きで移籍してきたばかりのFW松田正俊選手とDF井上雄幾選手が揃って先発出場。前半14分、その松田選手のヘディングシュートで先制すると、同20分にはMF松ヶ枝泰介選手が追加点、同28分には相手選手が退場処分となるなど、TDKが優勢のうちに前半を終えます。

 後半開始早々、TDKはMF真行寺和彦選手がこの試合2回目の警告を受けて退場処分になると、その後に2失点し同点とされます。
 しかし、後半31分に再び松田選手がヘディングシュートを決めて勝ち越すとそのまま逃げ切り、3-2で貴重な勝利をあげました。 

 TDKは5月の前期第10節・高崎戦以来となる2得点以上を記録し、JFLで今季初の3連勝。通算成績は9勝4分け14敗、勝ち点を31に伸ばし、順位でFC琉球を逆転し15位に浮上しました。
 次節のホームゲームは10月4日(日)午後1時より、仁賀保グリーンフィールドでジェフリザーブズと対戦します。

090926JFL TDKvsRYUKYU
<画像=FC琉球公式サイトより>


▽第11回日本フットボールリーグ後期第10節
日時/2009年9月26日(土)15:00開始
会場/沖縄市陸上競技場

TDKSC 3(2-0/1-2)2 FC琉球

【得点】 松田2、松ヶ枝
【出場選手】 小野、高橋、岩瀬、小沢、井上、松ヶ枝、成田(富永)、眞行寺、池田(富樫)、松田、横山(佐藤和)
2009.09.26 22:05 | TDK SC関連情報 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。